地域福祉サービス

ボランティアセンター

ボランティアって何?

画像代替テキストが入ります

ボランティアとは英語で「Volunteer」と書きます。自由意思を意味するラテン語の(Voluntas)に、ヒトを表す接尾語の「er」をつけてできた言葉です。これが英語となり"志願"や"自発性"を意味する「ボランティア」として使われるようになりました。社会的な問題の解決のために自ら進んで活動(運動)を志す人です。

阪神・淡路の大震災、ロシアタンカーの重油流出事故においてはたくさんの方がボランティアとして活躍しました。これはだれもが持っている"ほおっておけない"、"何とかしたい"という気持ちを"行動"に表したものです。日常の生活の中においても、お年寄りが重い荷物を持って歩いている。あるいは、車椅子の人が段差のあるところで困っているなど「できることを できるときに できる場所で」行う活動です。そしてこれは、年齢、性別、を問わず、だれもが気軽に参加できる活動です。

今、この活動は自分の住んでいる地域社会から国際的な領域まで広がっており、活動の分野も福祉だけにとどまらず、環境、子育て、まちづくりなどあらゆる分野におよんでいます。あなたもボランティア活動に参加してみませんか。

どんなボランティアがあるの?

ボランティアと言えば「災害時に現地へ行って復興活動を行う」東日本大震災などでのボランティア活動がまず真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?でもボランティアと一口に言っても種類はさまざま…。まず自分のできそうなこと、得意なことから始めてみませんか?ボランティアを始めたい方の各種講座も行っています。

ボランティアの4原則

・自発性・自主性 

ボランティア活動は他人から強制されたり、義務として押しつけられたりするものではありません。自らの自発的意思に基づき行う主体的な活動です。活動することを決めるのは本人の自由意志によってなされるものです。
 

・社会性・連帯 

いくら自発的な活動とは言っても、自分個人だけの思いや自分勝手な活動では意味がありません。活動を通して関わりを持つ人とのふれあいを大切にし、周囲に迷惑をかけない、常に社会にも認められた活動となるよう心がけましょう。
 

・無償性・無給性 

報われることを期待したり、活動に対して収入を得るために活動を行うことはボランティア活動の原則からはずれます。最近ではボランティアを必要とするところで実費分を負担してくれたり、活動費として補助金をもらえるようにもなってきていますが、ただ、こうしたことが当たり前とならないで、見返りが金銭でなく人との出会いや喜びを見返りとして考えたいものです。金銭では得られない大きな喜びがボランティア活動にはあるのです。
 

・創造性・開拓性・先駆性 

さまざまな視点から活動を見直し進めていくことを大切に、より良い社会を自分たちで作る活動となるように 心がけましょう

ボランティアセンターの7つの役割・機能(登録による支援内容)

ボランティア活動は自由な活動ですから、必ずしも登録しなければ活動が出来ないわけではありませんが、ボランティアセンターでは、ボランティアを求める方に必要なボランティアを探して紹介する機能を有しています。このボランティア探しがスムーズに行えるよう「登録制度」を設けています。
また、登録して頂いた、ボランティアには、活動が行いやすいよう、次のような支援しています。


ボランティア相談、情報の提供

○ボランティア活動での困りごとや団体運営のご相談に応じます。
○活動先の紹介が受けられます。(活動を広げる良い機会とお考え下さい。)
○助成金、イベント、研修・講習会などの情報提供を行います。
○地域の状況などボランティアに関わる様々な情報を提供し、アドバイスいたします。
○まだ、ボランティア活動に出会っていない市民の方々に、広報誌を発行してボランティアを広める活動をしています。


ボランティア講座、研修の実施

今すぐ、活動をするにはちょっと・・・ためらいや自信がないという方の為に、ボランティア講座を開催しています。
まずは、ボランティアの技術や知識を学んで、自信をつける。


ボランティア活動の希望者と支援を希望する方の需要調整(マッチング)

ボランティア活動をしたい人と、ボランティアによる支援を求める人を繋ぎます。
但し、ボランティア活動は自己責任が伴います。出来ない事はハッキリと断る事が大切です。無理な活動は、相手にも、自分にも迷惑をかける事になります。


ボランティア活動の支援・応援

1.ボランティア活動で必要な機材や、パソコン、文房具、ミーティングスペースを貸出して、活動がより、活発になるよう応援します。
2.広報誌やホームページで活動紹介(PR)や、会員の募集記事を掲載するなど、団体活動がもっと活発になるよう支援します。
(PRすることで、市民からの認知度も上がり会員のやる気に繋がります)


連絡調整

ボランティアセンターは地域の福祉団体や行政など様々な団体と連携して安心して暮らせる街づくりを進めています。個人で解決することが難しくなったなどは、他機関と連携して対応にあたります。


調査・研究

ボランティア活動に関する様々な課題や、地域のボランティアに関する調査・研究を行います。


ボランティア保険の窓口

ボランティア活動において「事故」も想定しましょう。万が一に備えボランティア保険への加入をおススメします。加入は任意ですが、ボランティア保険掛金の助成も行っていますので、ご検討下さい。
ボランティア保険

ボランティア保険とは

ボランティア活動中のケガや事故など、「もしも・・・」のときに備えて保険の加入をお勧めしています。
鯖江市社会福祉協議会(以下「鯖江市社協」)で受付しているボランティア保険は次の2種類あり、加入は年度毎になります。
加入をご希望の場合は、鯖江市社協窓口で加入手続をお願いいたします。
なお、ボランティア保険は全国社会福祉協議会の事業で、鯖江市社協は鯖江市内の方の保険加入窓口になります。
保険の概要は次のとおりですが、補償などの詳しい内容は「ふくしの保険(全国社会福祉協議会)」をご覧ください。

令和5年度の保険期間に関する取扱い
※保険期間は令和5年4月1日から令和6年3月31日までです。
途中加入の場合は、加入申込手続完了日の翌日から令和6年3月31日までとなります。

ボランティア活動保険

日本国内における「自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」で、次のいずれかに該当する活動とします。

 .哀襦璽廚硫饌Г紡Г蝓⇔案された活動であること。
   (グループが社会福祉協議会に登録されていることが必要です。)
 ⊆匆駟〇禧┻腸颪貌呂噂个審萋阿任△襪海函
 社会福祉協議会に委嘱された活動であること。
   (災害ボランティア活動の場合は被災地の社会福祉協議会またはボランティアセンターから委嘱された活動であることが必要です。)
※ボランティア活動のための学習会または会議などを含みます。
※自宅などとボランティア活動を行う場所との通常の経路による往復途上を含みます。
(自宅以外から出発する場合は、その活動場所との往復途上となります。)


◆補償内容                                        

◆傷害
ボランティア活動中の事故によるボランティア本人のケガ

◆賠償責任
ボランティア活動中に他人にケガをさせてしまった場合や他人の物に損害を与えてしまった場合など

※新型コロナ感染症拡大に伴い、ボランティア活動保険では新型コロナウィルス感染症が補償対象となりました。

◆保険料                                         
350円〜550円(補償額に応じた3種類のプランがあります。)

◆加入手続きに必要な物                                  

◆「ボランティア活動保険加入申込書」
鯖江市社協窓口で配付しています。
※会員以外の場合、別途ボランティア活動登録(保険用)の提出が必要です。
※その他加入者全員の氏名・年代の情報が必要です。

◆保険料
お釣りの無いようご準備ください。また、振込手数料(110円)がかかりますので、併せてご準備ください。
金額は、ふくしの保険(全国社会福祉協議会)をご覧いただくか、鯖江市社協までお問い合わせください。

ボランティア活動保険

日本国内における「自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」で、次のいずれかに該当する活動とします。

 .哀襦璽廚硫饌Г紡Г蝓⇔案された活動であること。
   (グループが社会福祉協議会に登録されていることが必要です。)
 ⊆匆駟〇禧┻腸颪貌呂噂个審萋阿任△襪海函
 社会福祉協議会に委嘱された活動であること。
   (災害ボランティア活動の場合は被災地の社会福祉協議会またはボランティアセンターから委嘱された活動であることが必要です。)
※ボランティア活動のための学習会または会議などを含みます。
※自宅などとボランティア活動を行う場所との通常の経路による往復途上を含みます。
(自宅以外から出発する場合は、その活動場所との往復途上となります。)


◆補償内容                                        

◆傷害
ボランティア活動中の事故によるボランティア本人のケガ

◆賠償責任
ボランティア活動中に他人にケガをさせてしまった場合や他人の物に損害を与えてしまった場合など

※新型コロナ感染症拡大に伴い、ボランティア活動保険では新型コロナウィルス感染症が補償対象となりました。

◆保険料                                         
350円〜550円(補償額に応じた3種類のプランがあります。)

◆加入手続きに必要な物                                  

◆「ボランティア活動保険加入申込書」
鯖江市社協窓口で配付しています。
※会員以外の場合、別途ボランティア活動登録(保険用)の提出が必要です。
※その他加入者全員の氏名・年代の情報が必要です。

◆保険料
お釣りの無いようご準備ください。また、振込手数料(110円)がかかりますので、併せてご準備ください。
金額は、ふくしの保険(全国社会福祉協議会)をご覧いただくか、鯖江市社協までお問い合わせください。
災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンターとは?

災害ボランティアセンターとは、大規模災害時に、被災地でのボランティア活動を円滑に進めるための拠点として設置され、多くの災害ボランティアに支えられ運営されます。

災害ボランティアセンターの立ち上げや運営は、被災地の社会福祉協議会や地域のボランティア活動に携わっている方々と協働して担うことになります。

大規模災害が発生した時には、鯖江市、災害支援関係団体などの関係機関と迅速に協議をして災害ボランティアセンターの設置が決定され、連携を取りながら災害ボランティアセンターを運営します。

活動内容

◆1.支援ニーズの把握                                   

地震や風水害が起きた場合には、家の片づけや掃除、床下の泥だし、家財や畳等の運び出しなど被災地の暮らしのニーズを収集します。
また、自治会長や民生委員・児童委員などを通じて地域の実情やニーズの収集を行なうほか、現地に出向くなどにより、直接要望をお聞きします。

◆2.災害ボランティアの募集・受入                             

災害ボランティアセンターを立ち上げたことを、被災地内外にホームページやSNSなどで情報を発信し、活動を希望する災害ボランティアの受け入れを行います。

◆3.活動の実施                                      

被災された方々からの要望に合わせて、災害ボランティアが生活再建の一助となるための活動を行います。

災害ボランティアセンター一日の流れ

◆1.受 付                                        

災害ボランティアとして活動をされる方は、災害ボランティアセンターで受付をし、天災・地震補償プランが含まれているボランティア保険に加入していただきます。

なお、お住まいの社会福祉協議会でボランティア保険への加入を済ませていただくと受付時間が短く済むので、なるべくご協力いただいたうえでお越しいただくと助かります。

※災害ボランティアセンターの設置場所は、災害ボランティアの募集時にお知らせいたします。

▽参 考

● ボランティア保険(ふくしの保険(ボランティア活動保険へ))
● 準備物など(政府広報オンラインへ)

◆2.オリエンテーション                                   

服装や持ち物などの確認や災害ボランティア活動の留意点について説明します。

◆3.災害ボランティアの決定                                 

被災された方々からの要望と、支援に必要な災害ボランティアを調整し、依頼場所へ向かいます。

◆4.災害ボランティアの活動                                 

依頼場所に移動し、被災された方々からの要望に合わせて活動を行います。

◆5.災害ボランティアの活動報告                               

活動終了後、災害ボランティアセンターに戻り活動の報告をします。その日に終わらなかった活動は、翌日以降も活動が続きます。

※災害ボランティアセンターの活動内容は、被害の大きさ、時間の経過によるニーズの変化、災害ボランティアの人数などに応じて変化します。
ご近所福祉ネットワーク活動

活動内容

活動内容

 近年、孤独死、自殺、子育てや介護虐待といった悲惨な事件が発生し、問題となっています。これを防ぐには町内のご近所の方々が先ず気づいていただくことが大切です。
 すでにこうした活動は、民生委員児童委員や、その他の方々によって高齢者の見守り、ふれあいサロンや子育てサロンといった活動等を通して始まっています。
 今年度、鯖江市社会福祉協議会が鯖江市から委託を受け、ご近所福祉ネットワーク活動のお手伝いをすることになりました。この活動は、現在、全国的に取り組まれている活動ですので、鯖江市社会福祉協議会でも区長会、民生委員児童委員、地区社会福祉協議会、福祉委員の方々などのご協力とご支援をいただきながら取り組んでいきたいと考えております。


資料

◇始めよう!進めよう!
ご近所福祉ネットワーク活動
◇ご近所見守りチェックリスト

PDFダウンロード

PDFダウンロード


 

 

アンケート結果

 町内におけるご近所福祉ネットワーク活動の取り組み状況を把握することを目的に全町内(153町内)を対象に実施しました。


◇令和4年度 【PDFダウンロード】 

PV動画

◇ご近所福祉ネットワークPV【YouTube(外部リンク)へ

健康寿命ふれあいサロン

事業内容

 健康寿命ふれあいサロンは、町内の公民館等歩いていける身近な場所でおおむね65歳以上の人が5人以上集まって、元気づくり・気力づくり・ふれあいづくりを行う集まりです。
 各町内に1か所サロンをつくることができ、月に1回以上の活動を実施していただきます。
 社会福祉協議会では、立ち上げの相談も行っております。

対象者

鯖江市在住のおおむね65歳以上の高齢者

利用方法

自分の町内にサロンがあるのか?サロンはあるけどどうやって参加すればいいのか?など参加ご希望等ありましたら、まずは社会福祉協議会にご相談ください、各町内のリーダーさんにおつなげいたします。
コロナ禍でもしっかりと社会福祉協議会と各リーダーさんが連携を取り、感染予防対策を徹底しながら開催しています。
コロナ禍だからこそ、無くしてはいけない交流の場です。
    
        <職員による健康チェック>       <座ってできる健康体操>
 

申請書類等

健康寿命ふれあいサロンに関する書類は下記をクリックしてください。
【各種申請書ページ】へ
いきいき講座
鯖江市内の方を対象に、地域で元気に過ごしてもらえるための各種講座を開講しますので、ぜひご参加をお待ちしています。

講座内容

7月5日(水)から電話受付をスタートします。


会場

◆神明公民館 3階大ホール
(鯖江市三六町1丁目4番12号)

 

対象者

◆鯖江市内在住のおおむね65歳以上の方

チラシ

お問い合わせ先

社会福祉法人鯖江市社会福祉協議会
〒916-0022 鯖江市水落町2丁目30−1 アイアイ鯖江・健康福祉センター内
☎0778-51-0091 Fax0778-51-8079
福祉委員

主な役割

主な役割

福祉委員とは、福祉問題を抱え、支援を必要とする高齢者、障がい者、児童その他の要援護者およびその家族に対して、その人々の立場に立って、地域ぐるみで支えあう、町内を中心に活動をお願いする地域福祉の推進者です。

(1) 福祉問題の早期発見・キャッチ
(2) 近隣の協力者の開拓と近隣住民の助けあい活動の推進
(3) 当事者の仲間づくり
(4) ご近所福祉ネットワーク活動の協力者
(5) 研修会等への参加

福祉委員設置要綱(PDF)

主な活動

主な活動

1.町内の見守り活動(随時)
近所の高齢者やお子さんなどで福祉に関する悩みやトラブルがないか、日常生活の中でさりげなく見守り活動
<実例>
・見守り活動中に、気になったことや不信に思ったことがあり民生委員・児童委員や鯖江市社会福祉協議会など関係機関に相談した。
・町内で見守りチームを結成し、定期的に巡回を行っている。
・ご近所福祉ネットワーク活動の活動協力を行っている。(説明会の実施や参加)

2.民生委員・児童委員との協力(随時)
 民生委員・児童委員と協力し、町内における見守り活動を行うと共に、支援を必要とする人を発見した場合の報告

3.ふれあいサロンへの協力(鯖江市内で 109 サロン)
毎月1〜2回開催される65歳以上の高齢者を対象とした『ふれあいサロン』の手伝い
<実例>
・サロン会場の準備をしています。
・サロンリーダーのフォローし、参加者の見守りを行っています。

4.『ひとり暮らし高齢者のつどい』への協力(各地区年1〜2回)
 各地区社会福祉協議会・民生委員・児童委員などが中心となり、毎年開催される『ひとり暮らし高齢者のつどい』の運営スタッフの一員としての手伝い
<実例>
・事前打ち合わせなど会議へ参加しています。
・つどい前日・当日に、スタッフとして会場設営や、参加者の見守りを行っています。

5.地区での福祉活動や研修への参加(随時)
 町内の行事や研修会への参加
<実例>
・民生委員・福祉協力員合同研修会(年2回)
・ワクワクふれあい広場(年1回)
・世代間交流事業(年1回)
・赤い羽根共同募金街頭募金(年1回)など
※行事や研修会は地区によって異なります。

資料集

福祉委員に関する書類は下記をクリックしてください。
【各種申請書ページ】へ
福祉機器貸出

福祉機器一覧

在宅での介護の負担軽減や自立支援、地域の福祉活動、福祉教育のために福祉用具を無料で貸し出しします。
貸し出し機器  
車いす(自走式・介助式・子供用) 歩行器
シルバーカー 4点杖
1点杖 シャワーチェアー
バスボード 高齢者疑似体験セット
アイマスク(福祉体験用) 簡易点字板
 

対象者

鯖江市在住で介護保険利用以外の方

利用方法

受付期間は、月〜土の8:30〜17:30
返却時間は月〜日の8:30〜22:00となっています。
(機器の在庫が無い場合もありますので事前に電話にて確認後ご来館ください。)
福祉機器借用願を記入提出していただきます。
借用願を確認後、福祉機器貸出書と福祉機器をお渡しします。
使用期間は、車いすは最長3ヶ月とします。それ以外は最長6ヶ月となっています。継続して利用を希望される場合は再度福祉機器借用願を提出していただきます。

必要な方には無料で貸出しておりますのでお気軽にご相談ください。
福祉教育事業

福祉協力校連絡会

市内小中学校を福祉協力校に指定し、学校ごとに福祉についての知識や経験を積んでもらう福祉学習の講座を行います。また、小中学校に限らず町内・地区・企業等の方を対象に福祉学習も行います。

福祉体験学習

体験学習だけでなく「ふだんの・くらしの・しあわせ」のためにできることを考える講座となっています。
地域共生社会に向けた福祉学習を学びましょう。
鯖江市内の小中学校に限らず、鯖江市民または鯖江市内の企業からのご依頼お待ちしております。

〇福祉体験学習メニュー表 【PDFダウンロード



     <地域の公民館>             <民生委員>


☆依頼方法☆

車いす体験や点字体験などご希望の体験を所定の依頼書に記入いただきお申込みください。後日、打ち合わせを実施いたします。

〇福祉体験学習希望依頼書 【PDFダウンロード


 
地区社協

活動紹介コーナー

地区社会福祉協議会(地区社協)とは、地域の問題を解決しようとしても、公的なサービスだけではすべて解決することはできない時代であるとともに、一人ではできることも限られてきます。
そのため、地域の住民同士が、自分たちが住んでいる地域の生活・福祉課題や困りごとを自分たち自身の問題と受け止め、関係機関や専門機関等と連携・協働しながら解決に向けて協議し、「誰もが安心して共に暮らせる福祉のまちづくり」を目指す地元住民主体の活動組織団体です。

鯖江市内には行政地区割に合わせて10の地区社協が活動していますので、ご紹介いたします。

令和5年度よしかわ社協だより第3号

令和5年度よしかわ社協だより第3号

吉川地区社会福祉協議会の活動などをご紹介しています。
発行日/令和5年9月25日 発行/吉川地区社会福祉協議会


  ★目  次★

〇 よしかわ支え合いプランの説明会実施
〇 福祉委員研究集会開催
〇 吉川地区社会福祉協議会総会開催

〇 計画推進委員会 開催
〇 薬物乱用防止研修会 実施
〇 よしかわ支え合いプラン活動例 紹介


  

 

吉川地区住民活動計画

吉川地区住民活動計画
現在核家族が増え、急速に高齢化が進みつつあります。これらから、いつまでも住み続けたい「よしかわ」にするためには、地域住民や各種団体などの支援がより重要になってくると思われます。そんな中、令和3年度に実施した吉川地区全世帯を対象にした福祉に関するアンケート調査の結果や、地区社協役員、区長、民生委員児童委員、福祉委員などでの座談会より、地域のつながりを強化する必要があるなどの様々な課題が出てきたので、策定委員会を立ち上げ本計画を作りました。

愛称:よしかわ支え合いプラン
計画期間:令和5年度〜令和7年度【3ヵ年】
基本理念:”いつまでも住み続けたい「よしかわ」、みんなで活動しよう!”
内 容
  • 吉川地区の特徴
  • 「福祉に関するアンケート調査」からの住民意識
  • 主な福祉活動計画
  • 計画の推進
  • 計画の進捗管理

令和4年度よしかわ社協だより第2号

令和4年度よしかわ社協だより第2号

吉川地区社会福祉協議会の活動などをご紹介しています。
発行日/令和5年3月25日 発行/吉川地区社会福祉協議会


  ★目  次★

〇 住民福祉活動計画策定にあたって
〇 先進地視察研修会(滋賀県長浜市高月地区)
〇 よしかわ支え合いプランができるまで


  

 

令和4年度よしかわ社協だより第1号

令和4年度よしかわ社協だより第1号

吉川地区社会福祉協議会の活動などをご紹介しています。

  ★目  次★

〇 会長のごあいさつ
〇 地区社会福祉協議会(地区社協)って?
〇 吉川地区社会福祉協議会(吉川地区社協)にはどんな団体が入っている?
〇 民生委員・児童委員って?
〇 「令和3年度アンケート結果」勉強会の内容
〇 今後の活動


  

 
ボランティア川柳

募集開始

募集開始
ボランティア川柳2023の募集を開始しました。
ボランティアにまつわる様々な思いを五・七・五の17音に込めた皆さんオリジナルの作品の応募をお待ちしております。
例)これまでのボランティア活動の思い出、これからボランティア活動を始める意気込み 等

応募用紙など

チラシ&応募用紙(PDF 896KB)
応募要項(PDF 220KB)

応募区分

〇 一般の部 〇
福井県内に在住・在勤・在学の高校生以上の方

〇 ジュニアの部 〇
鯖江市内の小中学校に通う小学5年生から中学3年生までの方
 

応募方法

〇専用フォーム
次のURLをクリックし応募ください。
https://forms.gle/hJ91zzBwbW1qFcpb7(GoogleFormへ)

〇応募箱への投函
 アイアイ鯖江・健康福祉センターの窓口に設置
 ※工事期間中のため、西側玄関(文化の館側)から入館ください。

〇郵送
ハガキ等に必要事項を記入し、9月29日(金)必着で下記の宛先までお送りください。
〜必要事項〜
 応募区分川柳(1作品まで)氏 名ペンネーム※1、住 所※2、電話番号学校名
 ※1 ペンネーム掲載を希望される場合のはご記入ください。
 ※2 ジュニアの部に応募する場合は、所属する学校の住所をご記入ください。

〜宛 先〜
鯖江市社会福祉協議会 ボランティア川柳応募係
〒916-0022 鯖江市水落町2丁目30−1 アイアイ鯖江内

応募締切

令和5年9月29日(金)
※郵送の場合は必着となります。

結果発表

厳正な審査の上、入選された方には鯖江市社会福祉協議会から表彰式の案内を発送させていただきます。
審査結果はその発送をもってかえさせていただきます。

また、入選作品は表彰式後、鯖江市社会福祉協議会ホームページおよび福井新聞に掲載させていただきます。

過去の入選作品

応募に関するお問い合わせ

社会福祉法人 鯖江市社会福祉協議会「ボランティア川柳」応募係
☎ 0778-51-0091
窓口対応 平日 午前8時30分から午後5時30分まで