地域福祉サービス

ボランティアセンター

ボランティアって何?

画像代替テキストが入ります

ボランティアとは英語で「Volunteer」と書きます。自由意思を意味するラテン語の(Voluntas)に、ヒトを表す接尾語の「er」をつけてできた言葉です。これが英語となり"志願"や"自発性"を意味する「ボランティア」として使われるようになりました。社会的な問題の解決のために自ら進んで活動(運動)を志す人です。

阪神・淡路の大震災、ロシアタンカーの重油流出事故においてはたくさんの方がボランティアとして活躍しました。これはだれもが持っている"ほおっておけない"、"何とかしたい"という気持ちを"行動"に表したものです。日常の生活の中においても、お年寄りが重い荷物を持って歩いている。あるいは、車椅子の人が段差のあるところで困っているなど「できることを できるときに できる場所で」行う活動です。そしてこれは、年齢、性別、を問わず、だれもが気軽に参加できる活動です。

今、この活動は自分の住んでいる地域社会から国際的な領域まで広がっており、活動の分野も福祉だけにとどまらず、環境、子育て、まちづくりなどあらゆる分野におよんでいます。あなたもボランティア活動に参加してみませんか。

どんなボランティアがあるの?

ボランティアと言えば「災害時に現地へ行って復興活動を行う」東日本大震災などでのボランティア活動がまず真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?でもボランティアと一口に言っても種類はさまざま…。まず自分のできそうなこと、得意なことから始めてみませんか?ボランティアを始めたい方の各種講座も行っています。

ボランティアの4原則

・自発性・自主性 

ボランティア活動は他人から強制されたり、義務として押しつけられたりするものではありません。自らの自発的意思に基づき行う主体的な活動です。活動することを決めるのは本人の自由意志によってなされるものです。
 

・社会性・連帯 

いくら自発的な活動とは言っても、自分個人だけの思いや自分勝手な活動では意味がありません。活動を通して関わりを持つ人とのふれあいを大切にし、周囲に迷惑をかけない、常に社会にも認められた活動となるよう心がけましょう。
 

・無償性・無給性 

報われることを期待したり、活動に対して収入を得るために活動を行うことはボランティア活動の原則からはずれます。最近ではボランティアを必要とするところで実費分を負担してくれたり、活動費として補助金をもらえるようにもなってきていますが、ただ、こうしたことが当たり前とならないで、見返りが金銭でなく人との出会いや喜びを見返りとして考えたいものです。金銭では得られない大きな喜びがボランティア活動にはあるのです。
 

・創造性・開拓性・先駆性 

さまざまな視点から活動を見直し進めていくことを大切に、より良い社会を自分たちで作る活動となるように 心がけましょう

ボランティア10カ条 活動を充実させるための心がまえ

  1. 自分に合ったことから始めよう
    初めから難しいことにチャレンジすると、途中でくじけることになりかねません。 身近に出来る活動から取り組みましょう。
  2. 相手に必要な手助けを
    一方的な善意の押しつけはかえって迷惑です。 相手がどんな手助けを必要としているかよく聞くようにしましよう。
  3. 無理をしないように
    あれもこれもでは、なかなか続きません。 無理のない計画で、活動を自分の生活のリズムに取り入れることが大切です。また仲間をふやしていくことも活動の大きな支えになるものです。
  4. 約束や秘密は守ろう
    約束や秘密を守ることによって、信頼関係がうまれ、より良い活動につながります。約束が果たせないときには、事前に事情を伝えましょう。
  5. 積極的にかつ謙虚に
    ボランティア活動は自発的な活動です。 積極的にチャレンジしましょう。しかし謙虚さも必要です。「してやっている」のではなく、あくまで協力者であり援助者なのです。
  6. 活動にけじめをつけよう
    活動が軌道にのると、つい安易になったりルーズになりがちです。
    また、お金の貸し借りなどは、トラブルのもとです。 けじめある活動を心がけましょう。
  7. 学習し、自分を成長させよう
    常に学ぶ姿勢が大切です。活動を進める技術や方法、福祉の変化、地域の動きなど幅広く学習していきましょう。
  8. 活動記録をとろう
    活動記録は、活動の見直しに役立ちます。定期的に点検し、次に役立てましょう。
  9. まわりの理解を得ていますか?
    家族や職場の温かい理解を得て、より良い活動をしましょう。
  10. 安全面にも気配りを
    安心して活動出来るよう、事前の打ち合わせや下見、健康等をチェックするようにしましょう。また、万一に備えボランティア保険にも加入しましょう。

ボランティアセンターの7つの役割・機能(登録による支援内容)

ボランティア活動は自由な活動ですから、必ずしも登録しなければ活動が出来ないわけではありませんが、ボランティアセンターでは、ボランティアを求める方に必要なボランティアを探して紹介する機能を有しています。このボランティア探しがスムーズに行えるよう「登録制度」を設けています。
また、登録して頂いた、ボランティアには、活動が行いやすいよう、次のような支援しています。


ボランティア相談、情報の提供

○ボランティア活動での困りごとや団体運営のご相談に応じます。
○活動先の紹介が受けられます。(活動を広げる良い機会とお考え下さい。)
○助成金、イベント、研修・講習会などの情報提供を行います。
○地域の状況などボランティアに関わる様々な情報を提供し、アドバイスいたします。
○まだ、ボランティア活動に出会っていない市民の方々に、広報誌を発行してボランティアを広める活動をしています。


ボランティア講座、研修の実施

今すぐ、活動をするにはちょっと・・・ためらいや自信がないという方の為に、ボランティア講座を開催しています。
まずは、ボランティアの技術や知識を学んで、自信をつける。


ボランティア活動の希望者と支援を希望する方の需要調整(マッチング)

ボランティア活動をしたい人と、ボランティアによる支援を求める人を繋ぎます。
但し、ボランティア活動は自己責任が伴います。出来ない事はハッキリと断る事が大切です。無理な活動は、相手にも、自分にも迷惑をかける事になります。


ボランティア活動の支援・応援

1.ボランティア活動で必要な機材や、パソコン、文房具、ミーティングスペースを貸出して、活動がより、活発になるよう応援します。
2.広報誌やホームページで活動紹介(PR)や、会員の募集記事を掲載するなど、団体活動がもっと活発になるよう支援します。
(PRすることで、市民からの認知度も上がり会員のやる気に繋がります)


連絡調整

ボランティアセンターは地域の福祉団体や行政など様々な団体と連携して安心して暮らせる街づくりを進めています。個人で解決することが難しくなったなどは、他機関と連携して対応にあたります。


調査・研究

ボランティア活動に関する様々な課題や、地域のボランティアに関する調査・研究を行います。


ボランティア保険の窓口

ボランティア活動において「事故」も想定しましょう。万が一に備えボランティア保険への加入をおススメします。加入は任意ですが、ボランティア保険掛金の助成も行っていますので、ご検討下さい。

ボランティアグループ

鯖江市ボランティアセンターに登録しているボランティアグループをご紹介します。
団 体 名 活動内容 備考
チャレンジ音楽塾 合唱・ハーモニカアンサンブル  
民謡つつじ会 民謡・唄・三味線  
鯖江市高年大学歌謡クラブ 懐メロ・歌謡曲などを個人またはグループで歌う 水曜日・土曜日の午後限定
カラオケ設備がある会場限定
美空会 唄・踊り・トークなど訪問 木曜日(11時〜13時)以外
かたくりの会 歌謡ショー・楽器演奏  
七色会 歌・日本舞踊 金・土・日以外
竹とんぼクラブ ハーモニカ演奏・民謡踊り・日本舞踊  
鯖江小唄・漆掻き唄の会 鯖江音頭を踊る  
鯖江市やんしき保存協会 やんしき踊り・ちんどんや  
立待民謡クラブ 民謡・踊り  
CBJ新横江 フラダンス、レクレーションダンス、民謡 等 月・金以外
鯖江市高年大学 合唱クラブハモーレさばえ 合唱  
虹のはし合唱団 合唱・ミュージカル訪問 土・日限定
神明吟舞道 真愁会 吟儛施設訪問  
うたの会 コスモス コーラス  
健康若返りコーラス”ひばり” 童謡・叙情歌・Jポップ合唱  
バラエティーショー憩 うた・マジック・フラダンス・紙芝居・踊り  
鯖江リズム体操会 リズム体操  
オカリナGLASSES オカリナ演奏 土・日限定
オカリナリンデン オカリナ演奏  
福井水仙会 大正琴演奏  
勝手にガズレレin福井 歌・ウクレレ演奏 平日の午前中か日曜日限定
※それ以外は要相談
リバーズ ギター&ハーモニカ演奏  
すまいる あい ケア 音楽療法普及活動  
福井ドレミの会 音楽療法 土・日限定
ら・ら・はっぴー 音楽療法 第1・3月曜日、金曜日を希望
それ以外は要相談
SBE80! 健康体操、昔の歌を披露  
折り紙ボランティア千羽づる 折り紙 第3火曜日AM以外
材料代 200円/人(事前打ち合わせの人数で)
ほのぼのサロン水落町1丁目 紙芝居・ゲーム等  
どんぐりの会 人形劇  
鯖江市いきがいマジッククラブ マジック訪問  
茶道 たんぽぽ お茶会 同施設・同サロンは年1回のみ
午前中のみ
音訳ボランティア くさぶえ さばえ社協だよりなどの広報誌を音訳CD化して、視覚障がい者へ発送  
さくらんぼ通信 点訳  
点訳グループ あいあい 点訳  
点訳むつみ会鯖江支部 点訳  
中河てのひらサークル 点訳 中河公民館
鯖江手話サークルつつじ 手話  
紅の輪 手話での情報交換、交流会など  
みちくさの会 精神保健  
おもちゃづくり パステル おもちゃ作り  
がんこっこの会 障がい者相手 毎週火曜日・金曜日
ボランティアサークル・ウィン 障がい者相手社会参加  
ゲートキーパー ザ・かーちゃんズ ゲートキーパー活動(紙芝居)  
糺ニュータウン菜花を楽しむ会 地域環境の美化  
日本野鳥の会 福井県 野生動物保護、自然保護  
ダンシャリサポートクラブ 在宅介護のお宅を整理整頓  
Dream ∞ lab 市内のゴミ拾い  
鯖江市愛育会 しあわせ元気体操
健康促進事業
 
鯖江市赤十字奉仕団 奉仕活動  
鯖江市婦人福祉協議会 奉仕活動  
鯖江市連合女性会 奉仕活動  

ボランティア登録制度について

鯖江市ボランティアセンターでは、市民のボランティア活動を推進し、市民が互いに支え合い心ふれあうまちづくりを実現するため、ボランティア活動のさらなる充実と、ボランティアコーディネート機能の向上を目的とするボランティア登録を推進しています。

登録方法

ボランティアの登録を希望する方は、次の方法があります

◆登録申請書の窓口提出
 ボランティア登録申請書(個人・団体)に必要事項を記入いただき、鯖江市ボランティアセンターにご提出ください。
 <提出先> 鯖江市ボランティアセンター(応対時間 平日 午前8時30分から午後5時30分)
       鯖江市水落町2丁目30−1 0778-51-0091
 
 <様 式> 様式集(別ページへ)

◆オンライン登録
 登録フォーム(GoogleForms)
 ※団体登録される場合は、会員名簿の添付が必須になりますのでご準備いただいてからお進みください。
 ※会員名簿には『氏名』、『住所』、『電話番号』、『生年月日』が含まれれば様式は問いません。